おまわりさんとワタクシ

0
    父から借りた怪しいCDを聞いていて、小さい頃の事を思い出せと言われふと思い出した事があったので書いておこう。
    ヒトミは小さい頃、おまわりさんにジュースをご馳走してもらった事がある。

    チビッコだったヒトミが幼稚園バスを待つ場所が交番の前だった。
    当時4歳くらいかなぁ。
    最初は交番の前で母とバスを待っていたのだが
    そのうちお巡りさんが「お母さん、いいですよ僕見てますから」と言って
    当時4歳の私の承諾もなしに母を帰したのであります。

    交番の中に入って、お巡りさんがリボンナポリン(北海道限定ジュース?)をサッポロビールの小さいコップに入れて出してくれた。
    お巡りさんが二人いて、一人はおじさん。
    二人とも「飲んでいいんだよ〜」って言ったけど、ヒトミはひたすら首を横に振り「これから幼稚園に行かなきゃいけないからダメ」と言ったはず。
    4歳のクセにあまりの律儀さ具合に、お巡りさんが苦笑いしていたのを覚えてます。
    「そうかそうか、ごめんな〜。」って言われたはず。
    幼稚園に行く前に、しかも知らない人にオヤツをもらって食べたりしたら、お母さんに怒られると思ったんでしょうね。多分。
    母のしつけは結構厳しかったのでした。

    交番は交差点にあり、横の窓からバスが曲がってきて交番の正面で止まります。
    「あっ!バスが来た!」と言って走ってバスに乗り込みました。

    それから遠くへ引越しをするまで、いつもバス待ちはお巡りさんと一緒にしていたのでした。


    パソコンに向かいながらCDを聞いていたのですが
    目をつむって見えたのはほんの一瞬だったと思います。
    そこからイモ掘りのごとくアレコレと思い出しました。
    すっかり忘れていたけど、警官に子供を預けて幼稚園バスを待たせるなんて、今なら考えられないんじゃないかな(笑)
    そこは結構街の中だったけど、昔はその位のどかだったんだね。
    昔懐かしい思い出です。
    ↓みなさまの〜清き一票をぉ〜!
    にほんブログ村 犬ブログ ノーフォークテリアへ
    にほんブログ村
    author: ヒトミ
    微妙な話 | permalink | comments(4) | -
     
     

    怪しいCD登場

    0
      最近、怪しい話題が多いヒトミと怪しい父。
      先日ブログに書いた前世が見えるCDの話をしていたら、
      「お?またやってみるか?」と父。
      どうやら新しい怪しいCDを入手した模様。
      しかし、父はまたしても見れないとの事。
      過去に何かよからぬ事をしたに違いない(笑)

      CDは・・・まぁ、今度借りる事にして、本だけ借りてきたワタクシ。
      前回見た時は、もう10年以上前になりますが、あの時は詳しい事は何一つわからなかったし時間が経ちすぎて本当だったのかどうかも微妙なのですよね・・・。
      ま、難しい事は置いておいて、今度もオモシロ半分で何か見てやろうという魂胆です。

      今はちょっと忙しくてそれどころではないので、もうちょっとボンヤリ出来るようになってから、ネタとしてやってみようと思っとります。タダだし。

      信じる信じない、見える見えないは別として、退行催眠は立派に医学として活用されている療法です。
      日本ではまだまだ認知度が低いですが、欧米では精神的な病やトラウマに対して退行催眠によって原因を探り、根本から治療していこうと言う物です。
      退行催眠によって引き出された過去世は、実際に事実だったと証明された例もあります。

      過去世が見えると言うか、昨日食べたゴハンを思い出すような感覚に近いかもしれません。
      ゴハンを食べた場所や、一緒に食べた人、その時にした会話やその時の気分
      などが思い出せるのと一緒な感じですので、自分の中にある願望とか自分が作り上げた妄想なのかもしれませんがね|ω・`)

      ま、私の場合はオモシロ半分なので、動機が不純な点は大いに認めます(^^;)
      ただ、昔見た物が中途半端に見ただけだったので、もうちょっと詳しい事がわかるかどうか試してみたいな〜と思って。

      何でこんなに前世を見たいと思うのか、実は理由があります。
      昔、ヨーロッパに旅行に行った時に、たぶんイタリア(いや、フランスだったかも・・・。)と思うのですが・・・初めて行ったのにものすごく懐かしく感じた街(村?)があったのです。
      街の名前を忘れたのですが(ヘタレ)山の上の街で大きな教会がありました。
      その教会というのがココ

      この教会


      道も家も全部石で出来ていました。
      自分の家に帰ってきたような、全然知らない人の家に普通に入って行けそうなくらい猛烈に懐かしかったのです。
      一緒に来た友達に「なんか懐かしくない!?」って聞いて回って「いや全然?」と言われ「おかしいなぁ(-"-;;)」と思ったのです。
      こんな感じの民家

      民家を勝手に激写

      その時に感じた不思議な感覚が忘れられなくて、見れるものなら何とかしてそれを確かめたいんですよねぇ。



      って言うか、この教会がどこの何ていう街の教会なのかわかる人がいたら教えて下さい(ノД`;)


      ※はい、わかりました。
      イタリアのアッシジという街にある、聖サンフランチェスコ教会だそうです(^^;)
      ほんのちょっとの時間、しかも教会しか見ないで移動しちゃったんだけど、
      とても素敵な街のようです。
      私が行った当時は今ほど栄えていなかったような気がしますが・・・。
      ここに泊まりたかったな。
      もうちょっとゆっくり街の中を散策したかったです。絶対また行くぞ!
      行ったんなら憶えとけ!という苦情は一切受け付けておりません。
      ↓みなさまの〜清き一票をぉ〜!
      にほんブログ村 犬ブログ ノーフォークテリアへ
      にほんブログ村
      author: ヒトミ
      微妙な話 | permalink | comments(0) | -
       
       

      九州の旅

      0
        先日、父が九州旅行へ行ってきた。
        ウチの怪しい父は昔から旅行が趣味なのです。

        九州旅行のおみやげ(最近流行りのゆず胡椒をリクエストしていた)をもらいに実家へ行った時、ちょっと面白い事があったので書いておこう。

        旅行の写真を見せてもらっていた時、
        父がお坊さんと一緒に写っている写真がありました。
        なんつーお寺か忘れたけど、その写真を見た瞬間に「あっ、この人見たことある!」と私が言いました。
        言ってから気付いたけど、ワタクシ九州に行ったことないっす。
        父も驚いてましたが、言った自分が一番ビックリしました。
        「アレ?おかしいな・・・誰かのソックリさんかなぁ」などとブツブツ言っていると、父が「いや、ひょっとしたら会ってるかもしれないぞ」と意味不明な事を言い出しました・・・。

        父がどこかのお寺(名前忘れたけど熊本のお寺)でお坊さんに会ったらしいのですが、そのお坊さんに「以前お坊さんだった時にお会いしましたね。」と言われたそうな。
        もちろん父はずっと会社員で、坊主になった事なんてないです。
        そして私の記憶が正しければ、父が九州に行ったのは新婚旅行以来?

        そのお坊さんが言うには「おかしいなぁ、今世でも僧侶になるはずなんですけど・・・。」という話(^^;)
        確かに父はスキンヘッドで、なんちゃって僧侶みたいだし
        父を教祖様にして怪しい宗教をやって、私が壷を売り歩く悪どい計画もありましたが(私が言ってただけです)

        父は以前他の人にも前世は僧侶だったと言われていたらしく、
        僧侶だった事は間違いないと確信しておりました(´ー`;)

        しかしナゼ、私がそのお寺のお坊さんに会った事があると思ったのか・・・ま、わかった所で特に素敵な事も起こらないと思うので、テレビにでも出てたのかな・・・と思う事にしました(^^;)

        毎度怪しい話を最後まで読んでいただき、誠にありがとうございます。
        ワタクシ、ウソは嫌いなので事実しか言ってませんよ。
        ↓みなさまの〜清き一票をぉ〜!
        にほんブログ村 犬ブログ ノーフォークテリアへ
        にほんブログ村
        author: ヒトミ
        微妙な話 | permalink | comments(2) | -
         
         

        UFO来なかったな〜(^^;)

        0
          2008年10月14日に巨大なUFOが来るって噂があったのですが
          知ってる人いましたか?

          来るのか来ないのかはおろか、そんなモンあるのか無いのかすらわからないワタクシには想像を絶する奇抜な予言だったのですが(´ー`;)

          UFOが来る理由は何やら難しい話だったみたいですが・・・。
          ってか、来ませんでしたが(^^;)

          でもさー|ω・`)
          ワタクシユーホーなんて見たことないし、テレビとかでよくやるヤツはユーホーなのかどうなのかわからない位小さいし。。。
          空を覆うくらいのでーっかいヤツ
          ちょっと見てみたかったなー。←野次馬


          難しい事はよくわからないけど、






          こんなヤツが降りてきたら仲良く出来ないかもしれないって思うワタクシでした。





          せめてこんなヤツにしてほしいもんだね。
          ↓みなさまの〜清き一票をぉ〜!
          にほんブログ村 犬ブログ ノーフォークテリアへ
          にほんブログ村
          author: ヒトミ
          微妙な話 | permalink | comments(0) | -
           
           

          前世見た事ある?

          0
            いつもながらアレな話ですが、
            まぁネタだと思って聞いてやってください(^^;)

            すでにご存知の通り、怪しい父に育てられたヒトミさん(いや、常識人の母にも育てられたが・・・。)怪しいネタはたくさん持っておいでです。
            ちなみにヒトミさんは霊感も無ければ社内の空気も読めません。

            今回は「前世が見えるCD」の話・・・|ω・`)
            何度も言いますが、かなり偏った内容なので・・・。
            興味の無い方すみません、興味のある方お待たせしました(笑)

            アレは・・・ワタクシがまだ20代の若くて美しい娘さんだった頃(一部虚偽)
            父が通信販売で【前世の見えるCD】なるものを購入しました。
            そーゆー怪しい物を「イヤだ〜」と言いながらも興味のあるヒトミさん、
            早速父から借りて試してみる事にしました。

            この怪しいCDなる物は、催眠術をかける人が延々と喋っていて、聞いている人に段々と退行催眠をかけて行き、前世を見える状態にするというスグレ物(?)ちょっとヤバくない?
            怪しい父が試してみた所、よっぽど思い出したくない事でもあったのか見れなかったとの事で、起きてるのにα波が出ているワタクシが実験台になりました。

            CDは心地よい音楽がかかっていて、女の人が喋っています。
            こんな状態で誰かに見られたら、明らかに友達を失いそうな光景です。
            最初に試した時は、一瞬だけ見えましたが怖くなってすぐ目を開けてしまいました。
            戦争中でした。
            敵なのか味方なのかわからないけど、目の前で倒れていく所でした。
            もしかしたらワタクシがやったのか!?
            不思議な事に自分の目線で、その場の空気とか感情とかリアルに感じ取れました。

            2回目に見た時は・・・これが一番鮮明で長い時間見ていたような気がします。
            どこだかわからないけど、ヨーロッパの山の上で小さなログハウスに住んでいるオッサンでした。
            CDの人が「足元を見てください」と言うと見る事が出来ます。
            白い服を着てサンダルみたいなのを履いていました。
            足元にボーダーコリーが一頭チョロチョロしていて、どうやらこの犬と生活しているようでした。

            家の中に入ると、イーゼルがあって描きかけの絵があり、絵の具がたくさんゴロゴロしていました。どうやら世捨て人の絵描きさんだった模様。
            明らかに売れない絵描き・・・。

            ・・・ちょっと待て、今のワタクシと大して変わらんぞ。

            またCDの人が「なぜそこにいるのか考えてみましょう」と言います。
            するとワタクシ、脳裏に奥さんと子供(男の子)の顔が浮かんできて「可哀想な事をした」って思うんです。
            どうやら街に奥さんと子供を置いてきたらしい事まで理解できます。

            この辺りで目を開けました。
            やっぱりね、自分の意識とは違う世界を見ている感じで怖くなるんですの。

            でもこれが一番リアルでした。
            その周りにあった風景や奥さんと子供の顔、今でも思い出せます。

            3回目に見た(まだやってるのか)のもあります。
            この話はちょっと怖いです。
            なぜかハッキリわかりましたが、イタリア人の女性でした。
            コレはなぜか、別の視点で見えました。
            金髪で細身で、今のワタクシとは似ても似つかない美しい娘さんでした。

            街の中で誰かと待ち合わせをしています。雨が降っていました。
            そこで急に視点が変わって自分目線になり、場面も家の前に変わっていました。
            不思議な事に、ここが自宅だとわかるんですねぇ。
            家に入ると両親がいません。
            車椅子の父と、主婦の母がいるはずです。
            不思議に思い家中探し回ります(コレがまた広い家なんだわ)
            どこを探しても見つからないので、地下室へ行くと・・・。

            母が車椅子の父の顔を大きなタルの水にバシャバシャと浸けている所でした。
            恐怖で足がすくんで動けなかったのを憶えていますが、それと同時に仕方ない、母を責められないという気持ちも。
            見なかった事にしようか、母の前に出て行こうか考えてます。
            止めようとは思っていません。とても悲しい気持ちでした。
            でも怖いのでその後すぐに目を開けました。
            目を開けた後もしばらくドキドキしていましたねぇ。


            それが怖かったせいなのか、ただ飽きたのか憶えていませんが
            それからは見ませんでした。
            あのCD、今はどこへ行ったのやら・・・。

            あれは夢だったのか、それともホントだったのかわかりません。
            なので「タダの夢だ」って言われたら「そうかも」って思います(自分の意思ゼロ)
            でも、意識はしっかりあったのと、自分の意思で動いていたのはホントです。CDのアナウンスも聞こえてたし。
            嫌になったら目を開けれたし。


            別にコレを見たからって人生観が変わったとか、とても素晴らしい事があったとかは特にありません(^^;)あくまでもネタです。
            でも、私が見たのが本当なんだとしたら、何度も生まれ変わって色々勉強してるハズなのに、今の自分コレかいっ!とは思う(-"-;;)ガッカリダヨ
            何度生まれ変わっても一向に成長の兆しが見えないダメなワタクシでした。
            ↓みなさまの〜清き一票をぉ〜!
            にほんブログ村 犬ブログ ノーフォークテリアへ
            にほんブログ村
            author: ヒトミ
            微妙な話 | permalink | comments(0) | -
             
             

            夜驚

            0
              みなさま、イキナリですが夜驚(やきょう)症って知っていますか?
              主に子供に多いと言われていますが、
              スヤスヤ眠っていたのに突然悲鳴を上げて起き出し
              泣き叫びながら走り回ったり、暴れたりするのが主な症状です。

              いやぁ、コレはちょっとアレな話なので書こうかどうしようか迷ったのですが・・・もし同じような症状で苦しんでいる人がいたらと思ったので書きますね。
              興味の無い方には、とてもタイクツな内容なので見ないで下され(´ー`;)

              夜驚は夢遊病に似ていますが、とにかくとてつもない恐怖を感じている様子で泣いて暴れます。
              それはそれは見ている方が恐ろしくなるくらいの暴れようで
              毎晩いつ起き出すかとドキドキしていました。

              ウチの妹が4歳か5歳くらいの時に夜驚が始まりました。
              みんな同じ症状なのかはわかりませんが・・・。

              部屋で寝かせても、毎晩10時位になると「ギャーーーー!!」という悲鳴とともに起き上がり、すごい勢いで走り出すのです。
              放っておくと玄関を開けて外に出ようとしたりしたので、目が離せずに私はいつも部屋に戻らず居間にいました。

              なだめてもダメ、怒ってもダメ。
              しかも本人は夜中に暴れた事を全く覚えていないのです。
              話しかけても会話にはならず「お母さん!お母さん!」と叫びます。
              母が目の前にいても同じです。
              抱っこして「お母さんここにいるよ〜」と言っても「ちがう!お母さんじゃない!!」と暴れ泣き叫びます。
              お母さんを探しているらしいのですが、見つからない様子。

              この辺で大体のお母さんは軽く凹む事でしょう(^^;)

              目は焦点が合っておらず、明らかにいつものおとなしい妹とは違います。
              気でも狂ったのではないかと思うほどです。

              それでもしばらく抱っこしたりなだめたりしていると、
              10〜20分くらいで落ち着いてきます。
              落ち着いてくるとウチの妹は、面白い(?)行動をしていました。
              まず、テレビを初めて見たように不思議そうに見ている。
              テレビだけじゃなくて、他の物もキョロキョロ見ている。

              普通なら我が子の将来を思って落ち込み、不安になるのでしょうが・・・。
              やはりヒトミ家は違った。
              どこかのお子様が妹の体を借りて何か言いたくて来たのだと勝手に判断(^^;)
              そして怪しいウチの家族は、ちょっと落ち着いてきた所で妹に話を合わせて色んな質問をしてみたりするのですヽ(-ω-;)

              母「お母さんいないの?どこ行ったの?」(母はアナタでしょう)

              妹 抱っこされたまま首を振る。

              母「どこから来たの?お名前は?」

              妹「ごにょごにょ・・・。」(残念ながら聞こえなかったが、名前を言っていた様子)

              などなど、母は寝ぼけた(?)妹に色々聞いていました。
              そんなやり取りをしていると妹は「帰る」と言って寝てしまうのでした。

              ウチの家族が妹の話からアレコレ推測してみた所、どうやら妹は違う時代のお子様らしい事が判明。たぶんね。


              こんな事が何ヶ月か続いたと思います。
              家に妹と私しかいない時とか、最初はやっぱり怖かったさぁ。
              怖いので見ないフリした事もあったさ(笑)


              そして普通ならこの辺で病院へ行ったりするのだろうが・・・。
              ご期待通り、怪しい父がリーダーのヒトミ家は違った。
              霊能者に相談して・・・確か千回くらいお経を唱える事になった。
              一人が読んで一回とカウント方式。
              三人で読めば三回となる、ちょっとお得な方式で家族で仏壇の前に座り
              「あと何回」と言いながら怪しい宗教のようにお経を唱えたのでした。
              夜驚の最中にもそれは行われ、マジで怪しいヒトミ家(笑)

              お待たせしました・・・ここからがヒトミ家のミラクル発揮です。


              コレは私も目撃してたんだからホントの話。。。
              千回のお経が終わった日、いつもよりも
              ちょっとおとなしめに妹が泣いて起きてきました。
              「おっ?今日はちょっと様子が違うな」と家族が思いながらなだめていたら、妹は母のひざの上に座っておとなしく母の話を聞いている様子。

              で、妹が

              妹「もう帰る」

              母「あら、もう来ないのかい?」

              妹「うん」とうなずく。

              母「もう来ちゃダメだよ」

              妹「もう来ない。さようなら」

              と言ってスーっと眠ったのです。
              その日からウソのように妹の夜驚はなくなりました。


              ま、ヒトミ家ミラクルは、決して他人にはオススメしませんが・・・(^^;)

              今はインターネットなどでも夜驚について色々書かれているようですし、
              小児科などでも相談出来るそうです。
              お薬で症状を抑える事も出来るそうなので
              「夜驚かも」と思っている方は、霊能者ではなく病院へ相談する事をオススメします( ̄∇ ̄;)

              何よりも、夜驚が起こっても家族が驚いたりビビったりする事無く
              暖かい目で見守って優しく接してあげる事が一番のようです。
              ヒトミはビビりまくり、見ないフリしましたけど・・・(ー'`ー;)
              やはり母I子は強しのお話でした。
              ↓みなさまの〜清き一票をぉ〜!
              にほんブログ村 犬ブログ ノーフォークテリアへ
              にほんブログ村
              author: ヒトミ
              微妙な話 | permalink | comments(2) | -
               
               

              ハテ?

              0
                昨日の朝の地震の影響なのかどうか微妙ですが(て言うか関係ないだろう)
                ちょっと不思議だったので書いておこう。


                昨日の朝、シュウと遊んでゴロゴロしているうちに寝てしまった。
                ユラユラ〜と揺れていたのは分かっていたのだが、
                揺りかごのようで「あ〜フェリーに乗った時もこんな感じで気持ちよかったなぁ〜」などと寝ぼけて心地よく揺られていた。

                シュウが耳元で吠え出して目が覚めたワタクシ。
                シュウは家の中では滅多に吠えないので、たまに吠えるとビックリします。
                しかし、その頃にはすでに地震は収まってきていたので、とりあえずシュウを呼び寄せておとなしく揺られる事にした。

                その直後、父からメールが来て「アイヨ(^ー^)ノ」とだけ書いてある。
                普段から解読が難しいヒトミ家のメールですが
                これはさすがになんのこっちゃ?と思って「ん?」と返事をしてみた。

                すると・・・私が半年以上前に送ったメールが今更届いたらしい。
                妹と妹の彼氏を札幌駅に迎えに行って、これから帰るよ〜という内容のメールだった。
                電車が止まって足止めされたカレを札幌駅まで迎えに行ったのは半年以上前。
                揺れているさなか、やはり安眠していた父がメールを見て同じく「なんのこっちゃ?」と思いとりあえず返事をしたそうな。律儀というかいい加減と言うか・・・。


                別に地震の影響とかじゃないと思うけど、半年前のメールが今更届くなんて時差がありすぎる(笑)
                タイムスリップかっ( ̄0 ̄)/コラ
                ↓みなさまの〜清き一票をぉ〜!
                にほんブログ村 犬ブログ ノーフォークテリアへ
                にほんブログ村
                author: ヒトミ
                微妙な話 | permalink | comments(0) | -
                 
                 

                今日は真面目に話すぞ〜〜〜〜。

                0
                  前もって言っておきます・・・つまんない記事だと思います。。。
                  興味の無い人はスルー推奨。


                  以前からこの日記を読んでくれている方々はご存知かと思いますが、
                  ウチの父は見た目は出家した僧侶のようですが、実は割りと怪しいヒトです。
                  ※ウチの父は怪しさにかけてはエキスパートですが、別に何かの宗教でも何でもありません(^^;)


                  日頃から顔を合わせると【アセンション】とか【予言】とかの話に
                  なりますが、小さい頃からそんな話を聞いてきたヒトミ家では、
                  まぁ、よく見られる光景です。
                  ウチの家族は「また始まった」と言う感じで、自分に興味のある所だけ聞いてます(笑)

                  私自身は信じてる訳でも信じてない訳でもありませんが、
                  面白い話として、いつも聞いてます。
                  自分が知らない事を知れるので、わりと楽しみです(笑)
                  私が望んでいる、穏やかに生きていく方法を色々教えてくれます。


                  ま、それは置いといて(置いとくのかっ)

                  最近、お笑いブームで次から次へとお笑い番組ばかり出てきまして・・・。
                  面白一家出身のヒトミさんですが、お笑い番組はあまり好きではありません。
                  あんまり面白いと思わないんだけどなぁ・・・。
                  みんなホントに面白いと思って見てるのかな?

                  あ、別にお笑いを毛嫌いしている訳じゃないですよ、世界のナベアツとかは大好きです(笑)

                  以前、何気なく父とそんな話をしていました。
                  父いわく「思考能力をマヒさせるためだからあまり見てはいけない」との事でした。

                  ま、それがウソかホントかわかりませんが、
                  最近のニュースのワイドショー化が気になっていたヒトミ的には何となく納得。
                  ニュース速報も然り。

                  他に見なければイケナイ事はたくさんあるはずなのに、全然テレビでやらないのです。
                  真面目な番組は視聴率が取れないからかも知れないし、
                  どうしてなのかは不明ですが・・・。


                  全然関係ないのかもしれませんが、戦時中、ラジオなどの放送内容を情報操作していた事をちょっと思い出して怖くなったヒトミさんでした。
                  3の倍数でもないのに、何のためにアホになる必要が?って思うけどね( ̄∇ ̄;)
                  ↓みなさまの〜清き一票をぉ〜!
                  にほんブログ村 犬ブログ ノーフォークテリアへ
                  にほんブログ村
                  author: ヒトミ
                  微妙な話 | permalink | comments(0) | -
                   
                   
                  Admin: Login
                  Meta: RSS1.0, Atom0.3
                  ホームページ: